生理前の顎のニキビの予防方法を教えて

生理前の顎のニキビの予防方法
質問
生理前になると、必ず顎のところにニキビができてしまいます。簡単に予防できる方法があれば、教えてほしいです。

ご質問者:あやさん 質問日:2017年06月8日

,

スキンケアの習慣づけと脂っこい食事を避ける

看護師azuki
ニキビは女性ホルモンの変化によってどうしてもできやすくなります。

しかし、ニキビそのものの原因は皮脂汚れですから、ニキビができやすいところを丁寧に優しくお手入れしておくといいでしょう。

特に毎日化粧をしている方は毛穴に汚れが溜まりやすくなります。まずは毎日化粧をしっかり落として、保湿するというスキンケアを習慣づけることが必要です。

さらに、生理前というのは女性ホルモンの中でもプロゲステロンの分泌が多くなります。

プロゲステロンは皮脂の分泌を促す働きもあるため、生理の約2週間ほど前からはよりスキンケアを意識して、皮脂を増やさないよう脂っこい食事を避けた方がいいかもしれません。

また、気にするあまり、ニキビのできやすいところを強く刺激してしまいがちですが、肌は自分が思うよりも繊細にできていますので、“優しく丁寧”を意識してケアをしてあげましょう。

回答した看護師:azukiさん

 

エストロゲンの低下が原因のため「睡眠・食事・冷やさない」

助産師Jun
生理前にニキビができやすくなるのは、生理前の2週間に「エストロゲン」と言うホルモンが低下することが原因です。

生理が終わりしばらくするとエストロゲンは増えてきます。

そうすると、ニキビは回復に向かっていきます。今回の答えとしては、エストロゲンの低下はホルモンの自然な流れなので止めることはできません。

そのときに起きるホルモンバランスの乱れを少しでも減らす方法を、2週間前から取り入れてみると言うことです。

基本的には、

  • 8時以上の十分な睡眠
  • 野菜を中心にした油っぽくない食事
  • カラダを冷やさない

などのことです。少しいつもより動いて眠れるようにすること、普段野菜習慣がなければ3食の食事前には野菜を食べること、普段野菜を食べるならさらに増やすこと、暑くても靴下は履くこと、10分以上半身浴することなどの工夫が必要ですね。

ポイントは「睡眠・食事・冷やさない」のうちいずれかの習慣を2週間前から取り入れることです。

回答した看護師・助産師:junさん

,

看護師・助産師・保健師登録数:121(2017年6月1日現在)

看護師に相談する


ナース・ティーチャーの記事があなたのプラスになれば、シェアお願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ナース・ティーチャー運営スタッフ

いつも閲覧いただきありがとうございます。ナースティーチャーの運営スタッフです。看護師に相談があった場合のQ&Aの更新を行っております。