子どもの肥満のリスクと安全なダイエット法

子ども 肥満 ダイエット

「子どもは成長とともにやせていくから太っているくらいがちょうどいい」、「子どもの頃は太っていた方が健康的」というようなことが昔から言われていました。

しかし、そのような話は日本がまだ食が充実していなかった頃の話です。食が充実している現代では、「太っている」の解釈が変わり、医学が進歩したことで肥満が与える影響などが見えてきました。

そこで今回は小児科の看護師の観点から、子どもの肥満とそのリスク、子どもが安全にダイエットできる方法をご紹介します。

この記事を書いた看護師

現役看護師azuki
azukiさん
・東京都/30代前半
・正看護師免許

小児科の経験があります。どんなときも患者さんを思った優しさのあるケアができる看護師になることを目指しています。

1.子どもの肥満の定義

体重計

肥満と言っても、見た目や体重など何を指標にしたらよいのか分かりにくいです。そのため、数値に表して肥満具合を評価します

みなさんはBMIという数値を聞いたことがあるでしょう。BMIというのは体重kg×(身長m)2で表すもので、数値によって肥満度を見ることができるものです。

しかし、これは成人に対しての指標であり、子どもの場合はカウプ指数、ローレル指数、肥満度を使用します。

  • カウプ指数:体重(kg)÷身長(cm)2×104
    乳幼児(3ヶ月~5歳)が対象で発育状況を見るためのもの
  • ローレル指数:体重(kg)÷身長(cm)3×107
    小学生~中学生の肥満度を表すためのもの
  • 肥満度(%):(実測体重-標準体重)÷標準体重×100
    乳児~学童期の標準体重に対する肥満度を表すもの

子どもの成長によって肥満具合を評価することができます。

 

2.子どもが肥満になることで起こるリスク

太っている子どものお腹

子どもが肥満となることで、起こりうるリスクをご紹介します。

(1)小児メタボリックシンドロームを発症する

大人のメタボリックシンドロームは健診などで指摘されるようになりました。実はこのメタボリックシンドロームは子どもにも起こるのです。

メタボリックシンドロームは、生活習慣が影響(生活習慣病)し内臓脂肪が蓄積することにより高血圧、糖尿病、脂質異常症、動脈硬化などの症状があらわれます。

それらが原因となり、重大な病気を発症する可能性が非常に高い状態と言えるのです。

 

常に何かしらの病気と隣り合わせとなる

もし小児期からメタボリックシンドロームを指摘されているような子どもの場合、通常よりも早い年代で動脈硬化による脳血管疾患や心疾患などの重大な病気を発症してしまう恐れがあるのです。

小児期のメタボリックシンドロームは成人期へと移行しやすく、常に何かしらの病気と隣り合わせで年を重ねていくことになってしまうのです。

 

小児メタボリックシンドロームの診断基準

小児メタボリックシンドロームは以下の4つが判断基準です。

腹囲の基準1を満たした上で、2~4のうち2つ以上を含む場合、小児メタボと診断。

  1. 腹囲の増加(中学生80cm以上、小学生75cm以上ないし腹囲÷身長が0.5以上)
    ※腹囲の基準1を満たした上で2-4のうち2つを含む場合が小児メタボと診断される
  2. 中性脂肪が120mg/dL以上(注)ないしHDLコレステロール40mg/dL未満
  3. 収縮時血圧125mmHg以上ないし拡張期血圧70mmHg以上
  4. 空腹時血糖100mg/dL以上(注)
    注)採血が食後2時間以降である場合は中性脂肪150mg/dl以上、血糖100mg/dl以上を基準としてスクリーニングを行う(この食後基準値を超えている場合には空腹時採血により確定する)

メタボリックシンドローム・ネットより引用

以上を参考にして、小児メタボリックシンドロームかどうか見極めましょう。

 

(2)体重の付加によって骨が変形する

子どもの小さかった背丈は日に日に大きくなっていきます。その身長の伸びには骨の成長が欠かせません。

骨が成長する過程で、体重という付加がかかり過ぎてしまうと、何とか体重を支えようとして骨が変形してしまいます。

看護師からのポイント

看護師ポイント

膝や足首、腰など体重がかかりやすい関節に痛みがおこりやすくなります。

さらに、骨とともに身体を支えている筋肉にも影響し、身体のどこかが常に痛む、動くと痛むといった症状があらわれるようになってしまいます。

 

(3)首や胸に脂肪がつき呼吸がしづらくなる

脂肪は目立つところに限らず、身体のあらゆるところに蓄積します。

その脂肪が首の部分についてくると、空気の通り道が狭くなってしまい呼吸がしづらくなります。

また、胸の部分に脂肪がついてくると肺を十分に広げられず、息苦しさを感じやすくなります。

そのため、夜寝ているのにスッキリしない、昼間も常に眠たい、運動するとすぐに疲れるなどの症状があらわれてしまいます。

 

(4)交友関係を築くことが困難になる

子どもの頃は、友達や家族以外の人と接点を持つことで様々なことを身に付け、学んでいきます。

「身体のどこかが痛い」、「動くのがつらい」と言うようになってくると、同年代の友達と遊ぶ機会が少なくなってしまいます。そして、家でゲームしたり漫画を見たりして過ごす時間が多くなっていきます。

もし、長い期間このような生活を続けていると、様々な経験を経て成長している同年代の相手と自分との間に差を感じるようになり、人と関わることを悩んでしまう可能性があります。

もちろん子どもそれぞれの個性があるため一概には言えませんが、肥満がその後の交友関係に影響を与えてしまう可能性は考えられます。

 

(5)肥満の疑いがある小学3年生のSくんのケース

小学3年生にして、身長150センチ・体重が80キロ弱あるSくんのケースについてご紹介します。

身体の異常に気が付いたのは、小学校の身体測定で健診の受診を勧められたことがきっかけです。

Sくんは持ち前の明るさで友達も多く、その日も友達と遊ぶ約束をしているところを無理やりお母さんに連れられて受診しました。

念のために血圧測定や尿検査、血液検査、レントゲン、心電図の検査をすると、血圧は大人の高血圧の状態、尿検査、血液検査では糖尿病を疑う結果が出たのです。

 

実は検査の数値以外の弊害も出ていた

Sくんの話をきいてみると授業中に何度も居眠りをしてしまい先生に怒られたというのです。

お母さんの話によると、夜は10時には寝ているのに居眠りをしているから、いつもテストの点数が悪いそうです。また、体育は苦手で、休むことも多いそうです。

このような状況から、Sくんは見た目の明るさに隠れているさまざまな弊害が出ていることが分かったのです。

 

3.肥満の子どもの安全なダイエット方法

自転車に乗る子どもの後ろ姿

今回はSくんのケースを参考に、肥満の子どもに向けた安全なダイエット方法をご紹介します。

 

(1)摂取量が多くなってしまう「孤食」をやめる

Sくんの両親は共働きで、中学2年生のお姉ちゃんは部活で帰りが遅くなるため、夕食は用意されているものを一人で食べることが多くありました。

Sくんがよく食べるため、多めに作っていても両親の分が残っていないこともあったそうです。

どうしても一人で食事をすると、会話もなく黙々と食べてしまうため1回の摂取量が多くなってしまいがちです。

そこで、Sくんが学校から帰ってきて少し食べられる程度のおやつを用意しておき、お母さん、お姉ちゃんが帰ってくる時間まで夕食を待てるようにしました。

 

(2)食事は大皿ではなく小分けで用意する

Sくんの家では、朝食も夕食もおかずを大皿に用意し、好きなだけ取って食べられるようにしていました。

しかし、これではSくんがどれだけ食べているのか分かりにくいです。

そこで、家族みんなのおかずを小分けで用意するようにしました。

 

(3)スナックやジュースの摂取を避ける

食事の前のおやつを用意するようになりましたが、できるだけスナック類は避けてもらいました。

スナック類に含まれている糖分や脂肪分は高く、また大きな袋に入っているスナックを途中で食べるのをやめることはSくんには難しかったのです。

そこで、フルーツやゼリー、小さめのおにぎりなどを主におやつを用意するようにしました。

また、食事のときは決まって炭酸飲料を飲んでいましたが、カロリーを考慮して水やお茶を飲むようにしました。

 

(4)車ではなく自転車を使うようにする

休みの日になると、お父さんと車で買い物に行くことも多いそうです。

そこで、車ではなく自転車で買い物に行くようにしました。時にはあえて往復1時間ほどの遠いスーパーに行くようにもなったそうです。

 

(5)カレンダーで食事と体重管理をする

書き込みができるカレンダーを使って、Sくんが食べたものと体重を毎日記入していきました。

そして、カレンダーの最後にはその月の目標体重を書き、常に目で見えるようにして意識していきました。

1ヶ月の体重の変化が見えることで、体重が順調に減っていると家族からほめられ、減りが悪いときには応援してもらいながらダイエットを進めることができます。

 

(6)定期的な受診で体重の変化と本人の様子を観察する

ダイエットをはじめてから、Sくんはカレンダーを持って月に1度受診をしていました。

子どもの場合、ダイエットも大切ですが元々は成長期であるため、あまり急激な体重の変化はよくありません。

また、好きなことを我慢したり、嫌なことをしなければならなかったりすることでストレスが溜まってしまうと、違う形で症状としてあらわれる恐れがあります

受診のたびに、体重の減り具合とSくんの様子を聞いて、また翌月の目標を立てていきました。

 

(7)Sくんはおよそ1年かけて適正体重になった

Sくんのダイエットは約1年かかりました。

150センチだった身長は160センチになり、体重は50キロ台になりました。体重の減少とともに検査で引っかかることがなくなりました。

ダイエットのおかげで内面もより良くなる

ダイエットをはじめてから身体が軽くなったことで、元々の明るい性格がよりよく機能し、誘われるままにバレー部に入部したそうです。

身長も高いため上級生を差し置いて「レギュラー入り間違いなし」と嬉しそうに話してくれました。

1年続けたカレンダーの食事と体重管理は、今では筋力アップのために続けているそうです。

 

4.子どもの肥満に関するよくある質問

疑問符を持つ女性

小児科には乳児から中学生くらいまでの子どもたちとママが来院します。そこでよく聞かれる質問の一部をご紹介します。

Q:うちの子は母乳を飲みすぎでしょうか?他の赤ちゃんよりぽっちゃりしているし大きい気がします。

看護師azuki
母子手帳などに、成長曲線というものがあります。そこに、身長と体重を記入していきますが、乳幼児の場合、成長曲線の最低ラインと最高ラインには幅があります。

同じ月齢でも最低ラインの子もいれば最高ラインの子もいます。そこは個性だと思っても大丈夫です。

また、身体の動きが活発になってくると曲線にも変化があらわれると思います。むやみに母乳やミルクを減らすのもやめましょう。

赤ちゃんにとって、母乳やミルクは栄養だけでなくママとのスキンシップでもあります。もし、心配であれば小児科で相談してみましょう。

 

Q:子どもの食欲が止まりません。運動も苦手なのですでに肥満傾向で将来が心配です。

看護師azuki
まず、食欲が止まらない原因を考えてみましょう。子どもは自分の心の声に自分自身が気づいていなかったり、言葉にして表現することができないことがあります。

たとえば、「もっと甘えたい」「寂しい」という気持ちを食に向けてしまっていることがあるのです。子どもの様子を観察してみたり、話をしてみたり、一緒に過ごす時間を見直すことで自然と落ち着くこともあります。

他にも何か理由があるのであれば、その理由にしっかり耳を傾けてあげましょう。

 

Q:夫が肥満体系です。子どもにも遺伝しますか?

看護師azuki
肥満には少なからず遺伝要因があるといわれています。しかし、それだけでなく普段の食生活が重要です。

お父さんが大食漢であり、子どもも同じように食事をしているのであれば子どもも同じような体系になる可能性はあります。

その場合は、お父さんともよく話をして食事を見直すようにしましょう。

 

まとめ

乳幼児の頃はまだ身体の活動量が少なく、成長とともに体重は変化していくためそれほど肥満かどうかを気にする必要はありません。

しかし、大人と同じような食事ができるようになると、食生活によっては栄養過多になってしまい肥満と指摘される子どもが出てきます。

肥満は数値で表すことができますが、大人ではなく子どもであるためダイエットは慎重に行なわなくてはなりません。見た目や数値だけにとらわれず、小児科医にも相談しながらその子に合わせたダイエットを実践していきましょう。

そして、何よりも肥満になる要因をつくらないことが大切です。子どもと一緒に家族の生活を見直すこともダイエットと同じくらい重要なことです。


ナース・ティーチャーの記事があなたのプラスになれば、シェアお願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!